トップ > 金融ブックス > 金融経済 > 日本郵政グループの将来設計を描く!

日本郵政グループの将来設計を描く!

日本郵政グループの将来設計を描く!

藤末 健三 著
【造 本】 並製
【ISBNコード】 9784904192542

参議院議員でもある著者が、永年、特に郵政事業に精通した実績を踏え、郵政民営化から現状、そして明日への郵便局の全体像を的確に記述したものはほかに例を見ません。又、国際的視野から、新時代の流れをとらえた示唆に富んだ内容になっています。2015年秋の郵政株式の上場をひかえ、投資家にとっても必見の一冊であり、幼少の頃から郵便一家に育った筆者ならではの情熱も行間にみてとれます。金融マンにとっては必携の著書と言えます。
 
商品コード : ISBN9784904192542
価格 : 926 円+税
数量
 

ご購入3,000円(税抜)以上は送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
はじめに
本書は、2012年に4社体制となった日本郵政グループの全体像と将来像をとりまとめた初めての本となります。
15 兆円を超える日本で2 番目の総収入を誇り、常勤従業員数も22万人を超える巨大企業グループの実態について、重要なポイントをとりまとめることができたと自負しています。
140年を超える歴史を持つ日本郵政グループはこの15年間で大きく揺れ動きました。
まず、2001年1月に中央省庁再編により郵政省から郵政事業庁が分割、次に2003年4月に郵政事業庁が郵政公社となり、そして2007年10月に民営化されて、日本郵政グループが発足しました。
その後、改正郵政民営化法により2012 年10 月に郵政グループは4社体制となり経営が安定しました。そして、2015年には郵政持株会社の株式の上場まで見えてきたのです。
このような中で、本書は、郵政関係者のみならず郵政の株式上場に興味を持たれる方々に、「郵政グループの全体像」と「郵政グループの将来像」を示すために書き上げました。
筆者は、父が郵便局員であったため、幼いころから郵政官舎で育ちました。また、2004年に参議院議員になると、直ちに党の郵政民営化対応チームに入り、2005年には参議院本会議場で郵政民営化法案への最終反対討論を行いました。その後、参議院総務委員長の時には改正郵政民営化法を成立させ、2012年10月からは総務
副大臣・郵政担当副大臣を務めました。
国内だけでなく、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、韓国など海外11カ国の郵便局を訪問しました。
そのような活動の中で集めた資料を整理したのが本書です。
日本郵政グループは、国内では少子高齢化・過疎化の問題、また、海外では国際物流や国際金融などの競争に対応しなければなりません。しかしながら、筆者は、これらの課題は事業拡大の好機だと思います。
日本郵政グループが高齢化や過疎化に対応した新しいサービスを展開できれば、10年後20年後に日本と同じように少子高齢化に直面するアジア諸国に同じサービスを提供することができます。
また、万国郵便条約で海外の郵政グループとの連携はすでに進められており、国際展開にも優位性があります。
本書が郵政の未来構築に役立てば望外の喜びであります。
最後になりますが、執筆内容についてご助言をいただいた郵政関係者の皆さま、編集作業を担当していただいたタイヨー印刷株式会社の皆さま、また出版の機会を与えていただいた株式会社通信文化新報、金融ブックス株式会社の皆さまをはじめ、本書の出版にご協力をいただいた皆さまに心から感謝の意を表します。
2014年12月
藤 末 健 三

日本郵政グループの将来設計を描く!総収入国内ランキング 2位 から世界への飛躍を!

<郵政グループを取り巻く背景を解説>
第1章 世界へと飛躍する郵政グループ
第2章 郵政グループの現況

<郵便局の将来像を提案>
第3章 明日の郵便局

<郵政の重要課題をテーマ別に解説>
第4章 株式上場
第5章 消費税問題対策
第6章 限度額の引き上げ・撤廃
第7章 ユニバーサルサービスの維持

<世界へ飛躍するための戦略を提示>
第8章 世界へ翔くための新事業戦略

<8カ国の郵政事情をレポート>
訪問記 世界の郵便局
アメリカ編 ドイツ編 イタリア編 フランス編 オーストラリア編 フィリピン編 イギリス編 韓国編




 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません