金融ブックス・悠雲舎 著者、監修者プロフィール一覧(敬称略、五十音順)


※2019年7月現在 ※プロフィールは書籍発行当時のものです

| あ行 | か行 | さ行 | た行〜な行 | は行〜ん |
旗田 庸 (はただ よう)
早稲田大学第一法学部卒業。昭和41年日本勧業銀行(現みずほ銀行)入行。御徒町支店、内幸町営業部、調査部、審査部、法人企画部融資企画部、融資部次長、審査部審査役、本店審議役を経て、東京リース法務室長を歴任。
主な著書に『抵当権実行の実務−その適否の検討と競売手続』『相殺と支店実務』『不良債権回収の手引き』『新・融資管理回収に強くなる本』など著書・債権管理や回収関連テキストなど多数。
初台エフピー相談室
主に熟年のファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)で構成され、郵便局顧客向けの個人型確定拠出年金セミナーや企業・団体職員向けのライフプランセミナーへの講師派遣、個人対象のライフプラン相談などのほかFP関連書籍の執筆・監修などの活動を行なっている。メンバーは、銀行・証券・保険をはじめ上場企業の出身者が多く、戦後の日本経済をつぶさに見てきた経験を持っている。成熟・高齢社会に入り、先行きが不確かになった状況の中で、次に続く世代に適切なライフプランを提示し、生活設計や資産運用の方法を立案することをモットーに積極的な活動を展開している。
主な書籍に『いま知っておきたい郵便局の投信窓販』(共著 金融ブックス)などがある。
尾藤 文隆 (びとう ふみたか)
昭和16年東京都出身。昭和39年慶応義塾大学商学部卒業。浅野スレート蠅貌社。本社経理部を経て、昭和54年税理士登録。現在、税理士事務所所長。関連会社螢┘奸Ε屮譽ぅ鵝Ε轡好謄犲卍后
主な著書に『出向・転籍の税務』、『不良債権の税務』(さくら総研)、『ザ・相続』(共著 恵友社)、『FPケーススタディ』(共著 TAC出版)、『FPケーススタディ』(共著 TAC出版)、『企業観察10分間速断法』、『税務相談10分間マスター法』『法人税申告書の見方10分間マスター法』『法人税申告書の見方10分間マスター法』(以上 共著 金融ブックス)他 多数。
平野 毅 (ひらの たけし)
公認会計士。「金融マン・中小企業経営者のための経営再建ハンドブック」(金融ブックス)に執筆協力。
深瀬 正頼 (ふかせ まさより)
ジャーナリスト。1937年神奈川県に生まれる。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。毎日新聞社入社し、東京本社学芸部デスク、編集委員、図書編集部長、出版企画委員、出版社専務取締役等、この間に約300点の出版物を企画・刊行。味の素ファルマ研究開発アドバイザイザー、WWF(世界自然保護基金)日本委員会委員、立正大学哲学科非常勤講師メディア情報論・医薬問題・交通問題などに関する執筆活動を続ける。
著書:『安全の視点』(悠雲舎)
福田 武司 (ふくだ たけし)
公認会計士。香川県高松市出身。1998年専修大学商学部会計学科卒業。ITコンサルを経て新日本監査法人国際部(現EY新日本有限責任監査法人)に入所。2015年に公認会計士登録。監査マネージャーとして、東証一部上場企業、外資系企業、投資ファンドを担当。2017年アクシス綜合会計事務所を設立。外資系企業・投資ファンド並びに国内中小企業に対する会計・税務支援や公認会計士監査を実施。また財務分析を駆使した経営指導及び財務健全化支援を展開している。『金融のプロになるシリーズ』では主に監修を担当。
福留 強 (ふくどめ つよし)
聖徳大学名誉教授・生涯学習研究所長、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事長。国立社会教育研修所主任専門職員、文部省社会教育局、生涯学習局社会教育官、平成5年九州女子大学教授聖徳大学生涯教育文化学科教授を経て現職。ほか内閣府地域活性化伝道師、全国生涯学修市町村協議会世話人自治体の役職多数。
主な著書『いまこそ市民改革を〜生涯学習時代の生き方』(文芸社)『子どもの心を育てる』(日常出版)、『市民が主役のまちづくり』(全日本社会教育連合会)『子ほめ条例のまちは変わるのか』(イザラ書房)、『創年のススメ』(ぎょうせい)、『おもてなしの力』、『もてなしの習慣〜みんなで観光まちづくり』(悠雲舎)、『図書館がまちを変える』(東京創作出版)などがある。
藤井 一郎 (ふじい いちろう)
大阪大学経済学部卒業。多摩大学大学院修士課程終了。経営情報学修士(MBA)。三菱銀行入行、東京三菱銀行融資部調査役を経て、経営コンサルタントとして独立。蠅澆匹蟾臚鰻弍張轡縫▲灰鵐汽襯織鵐函AH騒動研究所(非営利団体)副代表、中小企業大学校講師あ(東京校)。上場・中堅・中小企業の経営戦略・ファイナンス戦略策定が主たるフィールド。
主な著書に『目利きを生かした中小企業金融再生プラン』(共著 金融ブックス)、『業種別「超」把握法』(共編著 金融ブックス)、『中小企業診断士による工務店経営Q&A』(共著 井上書院)、『ランクアップのための実務書中小企業経営改善支援マニュアル』(共著 金融ブックス)などがある。
藤末 健三 (ふじすえ けんぞう)
参議院議員 元総務副大臣・郵政担当副大臣 1964年熊本県熊本市生まれ。(父・藤末好一は郵便局員)1982年熊本県立熊本高校卒業。高校卒業まで郵政官舎で育つ。1986年東京工業大学卒業、通産省(現・経済産業省)に入省。1994年アメリカへ留学。マサチューセッツ工科大学・ハーバード大学両大学院で修士号取得。プロボクシングライセンス取得。1999年東京大学講師に就任。2004年参議院議員(全国比例)初当選。2005年参議院本会議にて郵政民営化に対する最終反対討論を行なう。2010年参議院議員(全国比例)2期目当選。民主党郵政改革WT座長に就任。2011年参議院総務委員長に就任(郵政民営化改正案を提案)。2012年総務副大臣・郵政担当大臣に就任。副大臣退任後も郵政の諸課題の解決に向けた政策の実現に邁進している。
著書に『日本郵政グループの将来設計を描く』(金融ブックス)がある。
古屋 秀治 (ふるや しゅうじ)
昭和35年私立甲府商業高等学校卒業。さくら銀行入行、東京本部融資二部主任審査役を経てSMBC信用保証衒歉畋莪貮担当部長を歴任。
書籍『融資稟議書の書き方に強くなる』(金融ブックス)『資金繰りの読み方に強くなる本』(金融ブックス)がある。
帆足 文宏 (ほあし ふみひろ)
東京都多摩市立第一小学校長・杉並区立第四小学校長、杉並師範館副統括指導教授、全国小学校国語教育研究会会長を歴任。全国小学校国語研究会顧問、人格教養教育推進委員会研究顧問。
主な著書に「はばたけ!誠一もう一つの次郎物語」「漢字おもしろワーク」「リーダーの生き方と教師力(共著)」がある。
坊野 清之 (ぼうの きよゆき)
坊野 清之 CFP1級ファイナンシャル・プランニング技能士。社会保険労務士。日本FP学会会員。初台エフピー相談室相談員。長く都市銀行に勤務。現在は都内中堅病院の相談役(非常勤)の傍ら、FPとして一般市民向けに、主として年金を中心としたライフプラン・リタイア面とプランの相談や、講演などのFP活動を行なっている。
おもな著書に『いま知っておきたい郵便局の投信窓販』(共著 金融ブックス)などがある。
細田 正明 (ほそだ まさあき)
CFP1級ファイナンシャル・プランニング技能士。初台エフピー相談室相談員。千葉県金融広報アドバイザー。日本FP協会千葉支部監事。1962年東京大学経済学部卒。三菱電機入社。1998年関連会社を経て定年退職。1999年FP独立開業。(FPセンターコスモス21)。個人生活のライフプランをベースに金融資産運用、ライフプランニング、金銭教育を中心として相談業務、セミナー講師、執筆活動を行なっている。
おもな著書に『いま知っておきたい郵便局の投信窓販』(共著 金融ブックス)などがある
松尾 翼 (まつお つばさ)
弁護士。弁護士法人松尾綜合法律事務所代表社員。昭和6年東京都に生まれる。早稲田大学法学部卒業後、弁護士登録。昭和38年に松尾法律事務所開設(現松尾総合穂率事務所)。昭和44年ワシントン大学ロー・スクール修士課程卒業。昭和59年コロンビアロー・スクール講師。平成元年ルーバン・カソリック大学客員教授、平成6年メルボルン大学客員教授、平成16年日本大学大学院グローバルビジネス専攻科客員教授、日本大学法科大学講師、弁護士法人に改組。 <主な役職等>民事、商事、破産、会社更生、国際取引法務業務を担当、数多くの破産管財人を勤める。ニューヨーク弁護士会破産部員、(財)入管協会監事、学校法人サン・モール・インターナショナルスクール理事など。
主な著書に『金融マンのための債権回収手続・書式集』(金融ブックス)がある。
松嶋 洋 (まつしま よう)
元国税調査課官・税理士。平成14年東京大学卒業。金融機関勤務を経て平成15年4月に東京国税局に入局。法人税・消費税の税務調査及び審理事務に従事し、税理士資格取得後の平成19年退官。退官後、税制研究のシンクタンクである日本税経研究所に勤務し、税法解釈と研究に従事する。現在は、税務調査官、税法研究者としての経験を活かし、税務調査対策のコンサルタントとして、税理士向けのセミナー、執筆活動を行なう傍ら、税務調査に悩む納税者の代理人として税務署との交渉にあたっている。
著書として『元国税調査官が暴く 税務署の裏側』(東洋経済)、『最新リース税制』(法令出版・共著)、『国際的二重課税排除の制度と実務』(法令出版・共著)、『押せば意外に税務署なんか怖くない』(かんき出版)など多数。
水野 誠一 (みずの せいいち)
CFP1級ファイナンシャル・プランニング技能士、SCMP(シニア・サーティファイド・モーゲージプランナー) 、DCアドバイザー、DCプランナー、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 神奈川支部会計監事(前同支部支部長)初台エフピー相談室相談員。1936年朝鮮全羅北道に生まれる。1959年名古屋経済大学経済学部卒業、三井信託銀行(現中央三井信託銀行)入社。同行において融資業務、受信業務、財務相談業務等に携わる。個人融資部、三信信用保証株式会社を定年退職。その後、FPとして独立。前日本FP協会神奈川支部支部長。ライフプラン相談、セミナー講師などを勤めるほか各種原稿執筆に携わる。
著書:『住宅ローンの活用術』(金融ブックス)、『渉外マンのための資産運用アドバイスが上手にできる本』『住宅ローンアドバイス手法と拡販できる業務推進』(監修・著 金融ブックス)『いま知っておきたい郵便局の投信窓販』(執筆 監修 金融ブックス)他
茂木 秀俊 (もぎ ひでとし)
公認会計士 「金融マン・中小企業経営者のための経営再建ハンドブック」(金融ブックス)に執筆協力。
山崎 泰 (やまざき たい)
1961年生まれ。早稲田大学法学部卒業、早稲田大学大学院法学研究科修士課程・財団法人松下政経塾修了。1993年、東京都議会議員(2期)。都議会文教委員長・財務主税委員・初代東京都税制調査会委員等を歴任。2000年、実父逝去を受け山崎総合印刷(現TFSパートナーズ)代表取締役。03年、事業経営の傍ら税理士試験合格。04年TFS代表取締役、税理士開業登録。現在TFSコンサルティンググループ代表(公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士・FP・キャリアコンサルタント・宅建士等)。登録政治資金監査人。
著書に『ウォーターフロント』(サンマーク出版)、『どうする!青島知事』(ぱる出版)、『あなたの会社、強くしてみせます!』(PHP研究所)、『志ある経営に伴走して』(金融ブックス)など。
山本とし子 (やまもととしこ)
書籍『自ら学ぶ子どもたち 学力と心を育む理論と実践「文学的文章編」』(編集 悠雲舎)
梁 柄武 (やん びょんむ)
1955年生まれ。作家・(現JEI才能教育代表取締役・(前)韓国人間開発研究院長。研究者、経営者、教育者、エッセイストという多彩な顔を持つ韓国のベストセラー作家。高麗大学経済学科卒業、経済学博士(ハワイ州立大学)。政府系シンクタンクである韓国開発院主任研究員、米国 East West Center研究委員、労働経済研究院副委員長、韓国リーダーシップ学会副会長、大統領諮問雇用創出委員会委員、淑明女子大学招聘教授、中央日報コラムニスト、韓国労働経済学会副会長、ソウルサイバー大学副総長を経て現職。
主要著書として『じゃがいも鍋協会物語』、『幸せを呼ぶ論語読み』、『韓国企業の人的資源管理と開発』、『デジタル時代のリーダーシップ』等、総35冊。『奇跡を呼び込む、人』(悠雲舎 共著)がある。
湯浅 良弘 (ゆあさ よしひろ)
住友信託銀行ローン推進部調査役。著書『住宅ローンアドバイス手法と拡販できる業務推進』(共著 金融ブックス)
融資審査研究会
書籍『融資開拓に強くなる本』(編著 金融ブックス)、『融資判断に強くなる本』(編著 金融ブックス)
吉川 進 (よしかわ すすむ)
CFP1級ファイナンシャル・プランニング技能士。初台エフピー相談相談員。DCアドバイザー。DCプランナー宅地建物取引主任者。日本FP学会会員。1941年愛知県生まれ。生命保険会社に勤務ののち、FPとして独立。
おもな著書に『保険販売の基礎』(共著)、『ファイナンシャルアドバイス(基本解説編・応用事例編)』(共著 経済法令研究会)、『いま知っておきたい郵便局の投信窓販』(共著 金融ブックス)などがある。
リーハム小学校
書籍『シュクルの冒険』(共著 悠雲舎)
渡邉 京子 (わたなべ きょうこ)
書籍『自ら学ぶ子どもたち 学力と心を育む理論と実践「説明的文章編」』(編集 悠雲舎)
渡邊 賢司 (わたなべ けんじ)
平成10年香川大学経済学部卒業後、商社、戦略系コンサルティングファームを経て、平成20年にワタベ経営研究所開業。株式会社ファインビットシニアコンサルタント。中小企業診断士。
主な著書に『貸出条件緩和先の再建計画書』(銀行研修社)、『中小企業融資支援のためのコンサルティングのすべて』(金融ブックス 共著)など多数。
渡辺 宏太郎 (わたなべ こうたろう)
金融研修教材制作・銀行実務誌編集長を経て、銀行実務アドバイザーとしてコンサルティング、執筆活動を行なっている。
著書『住宅ローンアドバイス手法と拡販できる業務推進』(共著 金融ブックス)